skip to Main Content

2019年販売終了!また来年まで。朝採れのすっごく甘くて美味しいスーパースイートコーン(スイーツコーン)が鶴里町の国道363号沿いテント市・丸篤農園さん

2019年8月17日記事更新

本年度の販売は終了されました。また来年が楽しみです。

以下、2019.7.20記事更新

『夏の旬彩 ”トウモロコシ” のメッチャ旨い直売店があります』

今年は7月13日9:00~解禁され、連日大人気のスーパースイートコーン直売店「丸篤農園」さん。土岐市鶴里町の国道363号沿いでテントを張って直売しているのですが、昨年にも増して大フィーバー中!

ぼくも毎年この時期には必ず買いに行ってるんですが、すっごく甘くて美味しいんですよ。まさに、スイーツコーンそのまま絞って飲んでもイケちゃいそうな甘さ。

 

その噂は、他県からも買いに来られるほど。

そんな噂が噂を呼んだせいか、愛知県やら滋賀県やらの他県ナンバーの車も多数見受けられ、開店前の午前9時よりも前に行列が出来ていました。しかも、皆さんお裾分け用だろうか、大きなカゴを持参して買いに来られていますので、当日の早朝より収穫したトウモロコシが、ほぼ午前中で完売状態・・・。販売中の追加収穫も随時行っているようなので、午前中であれば売り切れることはなさそうですが、早いに越したことありません。

開店前の朝8時半ごろ。並んでる間にもあれよあれよとお客さんが集まってきます。

 

すぐ近くに専用駐車場あります。

駐車場の案内は、丸篤農園さんのサイト内にも記載がありますが、どうもiPhoneでは表示されません。PCから表示した地図をこちらに張り付けていますので、ご確認ください。

売り場前に路肩があるのですが、最近の国道363号線は交通量があります。専用駐車場までは徒歩1分もかからない場所なので、安全性も考えて、ここに停めた方が無難です。

駐車場の位置はこちら(Googleマップが開きます)

 

『2Lサイズを40本ください』

なんて声も普通に聞こえました。僕は30本買わせて頂きましたが(笑)

昨日ぼくも朝一に並んでゲットできたのですが、昨年同様、塩茹でしてもサイコー焦がし醤油で焼いてもサイコーお裾分けしたお客さんからは、皮ごとラップもかけないで、レンジで加熱するのも、お手軽で美味しいとのこと。

多めの水でお湯を沸かします。塩は、トウモロコシ1本に対して大さじ1配。

薄皮1枚までの状態にして茹でます。

先端のひげは邪魔にならないくらい適当に取り除いています。

こちらのトウモロコシは、恵味(めぐみ)86と甘甘娘(かんかんむすめ)です。どっちがどっちか忘れてしまいましたが、実際に食べてみると甘甘娘よりも恵味86の方が甘さがありました。恵味ゴールドだと更に甘さが感じられるのかな?気になります。

食べやすい大きさにカット。かなり熱々なのでやけどに注意。この状態でそのまま食べてもサイコーに美味い。

味変を楽しむなら、焦がし醤油が夏っぽくて素敵です。

自宅にあるガスグリル(ウェーバー社製)で表面をこんがりと焼き上げて、醤油を垂らして少し焦がしつけます。

あーいい匂い♪醤油がこぼれないようにアルミホイルを敷いています。

ある程度、焦がし醤油が付いたらアルミホイルから鉄板に切替。

木の皿に移して、いざ実食。おあつらえにソーセージも焼いてみました。

 

 

毎年新たな品種に挑戦される丸篤農園さんの向上心。

2年前はホワイトレディ、昨年はおおもの。など、毎年お客様に喜ばれるトウモロコシを探求し、新たな品種にも挑戦されています。今年の品種は、スイーツコーンとも呼ばれる「恵味(めぐみ)」や「甘甘娘(かんかんむすめ)」、「おおもの」などどれも甘さがいっぱいで美味しいトウモロコシです。

2017年 ホワイトレディ

2018年 おおもの

 

ぜひ皆さんも、朝一で採れたてをゲットしてくださいませ。

以下、販売開始日の様子。

 

『~夏だ!花火だ!トウモロコシだ!~』

2019年の販売開始日は7月13日9:00~解禁!初日は午前中で完売。

初日午前から採れたてのトウモロコシを買いに行列が出来ていました。中には滋賀県ナンバーの車も。(ツイッターフォロワーさんより写真提供いただきました)

今年は甘さが段違いで”スイーツコーン”や”フルーツコーン”と呼ばれる、甘々娘(かんかんむすめ)の販売も予定されているとか。

この甘々娘という品種は、糖度が18~20度もあって生でも食べられるトウモロコシ。今から販売開始が楽しみで仕方ありません。(これまで販売のトウモロコシもそのまま食べられて、すっごく甘い♪)

農園のサイトによると初日は午前中で完売されたとのこと! 今後も日々の状況は下記サイトよりご覧ください。 丸篤農園様のサイトはこちら http://www.marutoku-noen.com/

 

 

 

以下は昨年の記事です。

スイートコーンを超える、スーパースイートコーン。今年も鶴里町の丸篤農園(まるとくのうえん)さんにて直販中!


昨年もFacebookなどにてご紹介しました ”甘くてド美味い とうもろこし” なんですが今年はさらにパワーアップして大絶賛販売中です!

昨年販売の ホワイトレディ」 という白く透き通った品種から、よりいっそう糖度の高い おおもの」 と呼ばれるトウモロコシにて販売中!

この甘さは一般的なスイートコーンを凌駕する甘さ=スーパースイートコーンと格付けされるそうで、その自然な甘さと言ったら絞ってジュースにしたいくらい。

▼昨年のFacebook投稿
https://www.facebook.com/chihiro.yamada.3154/posts/1049691875171260

現地の直売テント内には、試食用のトウモロコシが用意されていたので、その場でカジらせて頂いたんですが、噛むと同時に『甘ぁっ!』っと声が出ちゃうほど。


しかも軽く塩ゆでしてあるもんだと思ったら、実は採れ立てナマの状態だというので更に驚き!『甘ぁっ!』に続いて『生ぁっ!』ってどんだけ驚くねんっと突っ込まれそうな勢いでリアクションしちゃいました(笑)


トウモロコシの旬は夏。
旬な時に採れたものを、旬な時に食す。これは一番の贅沢。

陶方面へ抜ける途中、そういえばと思って立ち寄ったんですが午前10時半過ぎの時点でLサイズ以上は完売。今の時期だと午前12時前には完売しちゃう様子。僕が直売所で見学している間にも、次々と車が停まりアレヨアレヨと売れていきました。

知る人ぞ知る直売所なのでお裾分けや家族用にまとめ買いされる方が多い感じかな?

この朝採れの新鮮な おおもりの とうもろこし は 土岐市鶴里町産。すぐ目の前の農園で育てているもの。

 

『とにかく美味しいトウモロコシを皆さんに食べて貰いたい』


そんな想いをもった店主夫婦が、毎朝採れた状態を見て販売をするので予約や配送は一切されていません。ましてや業者への対応についても控えるほど。買いに行けば分かるのですがその心の純粋さはトウモロコシの味に比例しているかのように思えます。

『土岐の軽井沢』と言われる鶴里町。この自然豊かな大地で育った逸品のトウモロコシをぜひお試しあれ。

販売は期間限定:毎年7月中旬~8月中旬迄。朝採れた様子での販売になりますので、当日の開店状況や、売れ行き状況はぜひ丸篤農園さんのホームぺージをご覧ください。

店舗HPより。こんな感じで、早くいかないと無くなりますよ。

 

 

 

塩ゆでもいいけど、こんがり醤油焼きもお薦めですよ。

お店の方によると、塩ゆでも確かに美味しいけど、網でこんがり表面を焼いて醤油でちょっと味付けすると格別ですよ。とのこと。実際に家にあるガスグリルで試してみたんですが、これまた絶品!例えると縁日の露店で売っている焼きトウモロコシの香りが家に広がります。

▼写真クリックで拡大表示

▼甘い!とうもろこし 丸篤農園さん

住所:〒509-5312 岐阜県土岐市鶴里町柿野1482-1
場所:土岐市鶴里町国道363号沿いにて路面直売
営業:下記ホームページをご覧ください。
時間:午前9時~昼3時(但し売り切れをもって閉店)
HP:http://www.marutoku-noen.com/

 

販売場所

Back To Top