skip to Main Content

謹賀新年|土岐市役所前の和菓子屋・虎渓さんにて餡子の量り売りやってるのをご存知ですか?正月はこの餡子でぜんざいを作りました。

あけましておめでとうございます。

ども、やまだです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年も地元の美味しいグルメをいっぱい食べて生き長らえたらと思っております。

ってなことで、お正月と言えば「おぞうに」「おしるこ」「ぜんざい」「おせち」を食べるのが定番かなと思いますが、さっすがに正月からやってる飲食店は牛丼、ラーメン、カツ丼あたりのチェーン店ばかり。そんな中でも和菓子屋の虎渓さんは元旦から営業されてますので有難いです。

 

お正月は、美味しい餡子でぜんざい、おしるこ食べたいですよね。

今回ご紹介するのは土岐市役所前 和菓子屋の虎渓さん。和菓子屋さんのお正月と言えば、正月餅、鏡餅、切り餅などなど、お餅が一番売れる時期かなとと思います。

その土岐市役所向かいにある老舗和菓子店「虎渓」さん。駐車場は道路向かいにあります。

店内はしっかりお正月モード

 

 

和菓子屋さんの餡子が量り売りで購入できます!

そんなお餅のニーズが高まる年末年始。元旦から営業されている虎渓さんでは、自家製アンコの量り売りをされていることをご存知でしたでしょうか?

和菓子屋さんの粒あん100g~(消費期間*要冷蔵 7日間)100g¥150円

 

冬はあったかい「ぜんざい」「おしるこ」に!

「おしるこ」も「ぜんざい」も餡子を用いて作りますので、食べれば体がぽっかぽか。やっぱ自動販売機やコンビニのものより、餡子を買ってきて自炊した方が美味しいに決まってる。

 

北海道十勝産の厳選した小豆を使用。

毎年、虎渓さんの所で切り餅と餡子を買わせていただいて、ぜんざいを作って食べてますが、さすが北海道十勝産の小豆を使った大自然の恵み。それに、大正12年から続く和菓子屋さんだけあって、味に深みが違いますわ。

 

ネズミの最中も大人気だそうです!

ほか、2020年の干支である子年(ねずみどし)を象った最中菓子も販売中!ネット通販からは全国からの注文が相次いでいるとか。

干支のお菓子は、贈り物にも喜ばれそうです。

ネズミ最中は期間数量限定。おそらく1月中までの販売かなと思われます。素敵な化粧箱の用意もあるようですので、贈り物にも最適ですね。

 

同じくぎっしりと詰まった餡子。

お店の銘菓『とっくり陶祖最中』と同じ北海道十勝産の厳選した小豆を用いた餡子は、優しい甘みが口いっぱいに広がります。

 

ぜひこの機会にお試しあれ。

『市役所には行くけどお店には行ったことがないなぁ』『和菓子屋さんってどうも入りにくいんだよな』なんて方も少なくないかと思いますが、そんなことはないですよ。家族経営のお店で店員の皆さん温かい雰囲気です。年齢的にも僕と同じくらいなので全然気兼ねなく行けますね。

 

 

陶都菓匠 虎渓(こけい)

HP:https://kokei-toki.jp/
営業:8:00~19:00(水曜定休)
電話:0572-55-3047

岐阜県土岐市土岐津町土岐口2091-2
地図:https://goo.gl/maps/P7FNA9iUzjv
土岐市役所前、土岐プレミアムアウトレットより車で5分
土岐IC、土岐南多治見ICより車で8分

 

周辺地図

Back To Top